09:06 2020年09月26日
政治
短縮 URL
0 05
でフォローする

以前、3つの事件で起訴されたイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が、クネセト(議会)議長に議会特権を提供するよう要請した。

以前、ネタニヤフ首相は、「特権は民主主義に矛盾せず、特権は民主主義の基礎」と述べていた。

ネタニヤフ首相は、「私はさらに長い期間、イスラエル政府を指導することを望む。法にもとづき、特権はつねに一時的なものだ。特権は国民の代表者に裁判所からの一時的な保護を提供する。また特権は今期のクネセトの閉会まで有効となる。もしクネセトが3週間後に閉会となるなら、(略)特権はそこまで有効となる」と語った。

以前、イスラエル政府の司法長官であるアヴィチャイ・マンデルブリット氏は、ネタニヤフ首相は4千件といわれる収賄と、社会的信頼に関わる詐欺2千件と背任1千件で起訴されると発表している。それに対しネタニヤフ首相は、起訴の目的は首相の地位から彼を引き下すことにあると述べた。


関連ニュース

イスラエル空軍、ガザ地区のハマスの施設を攻撃

タグ
ベンヤミン・ネタニヤフ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント