12:12 2020年04月01日
政治
短縮 URL
0 612
でフォローする

中国共産党は西側にとって脅威となっていると、米国のマイク・ポンペオ国務長官が語った。

米国のマイク・ポンペオ国務長官は、ミュンヘン安全保障会議で、「私たちは中国と深い貿易関係にある。

しかし、中国共産党は西側のイデオロギーにとって大きなリスクだ」と語った。

「ミュンヘン安全保障会議」は、1962年以来、毎年ドイツのミュンヘンで開催されている。はじめの30年は、北大西洋条約機構(NATO)の軍事および政治指導部、政治学者、メディア代表の出席で構成された。1990年代からは会議へはロシアをはじめ東欧各国(1995年以降)、中国、インド、日本も参加している。

関連記事

タグ
マイク・ポンペオ, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント