18:59 2020年10月31日
政治
短縮 URL
0 15
でフォローする

米国は中国、イラク、ロシア、トルコの団体、個人合わせて13件の追加制裁を実施した。制裁は米国のイラン・北朝鮮・シリア拡散防止法に基づいて実施された。ポンペオ国務長官が発表した声明で明らかになった。

ポンペオ国務長官が発表した書面によれば、米国はイラン・北朝鮮・シリア拡散防止法((INKSNA)に基づき、中国、イラク、ロシア、トルコを対象に追加制裁を実行した。新たな制裁対象は13件に上る。

中国とトルコの団体と個人はイランのミサイル開発を支援したことが制裁理由として挙げられている。ポンペオ国務長官の発表では制裁が加えられたロシアの団体と個人の名前は公表されていない。

イラン・北朝鮮・シリア拡散防止法では、上記の国に核兵器、化学兵器、生物兵器の製造に必要な技術の譲渡、およびそうした兵器の輸送を禁じている。

関連ニュース

タグ
対露制裁, 制裁, マイク・ポンペオ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント