01:38 2020年07月04日
政治
短縮 URL
0 116
でフォローする

ロシア外務省が伝えた現時点の情報によると、2月29日(土)夜にアンカラの自宅襲撃未遂にあったスプートニクトルコ職員は昨日夜から地元警察で過ごしており、連絡をとることができないという。

これより前、国営国際通信社「ロシアの今日」およびテレビ放送網RTのマルガリータ・シモニャン編集長は、2月29日深夜、何者かがアンカラのスプートニクトルコ職員3人の自宅に襲撃を試み、職員が「ロシア人のために仕事をしている」ことを非難したと明らかにした。翌3月1日、シモニャン編集長は、3人は民族主義的な破壊主義者に対する訴えを警察に届けており、朝9時以降3人の職員とは連絡がとれないと明かした。

ロシア外務省は「スプートニクトルコ職員に対して身体的暴力で脅迫を試み、活動を停止するよう要求があった。現時点の情報では昨日深夜から、被害者の3人はトルコ治安当局にいる。彼らと連絡がとれないことで状況は複雑化している」とコメントしている。

タグ
トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント