21:40 2020年04月01日
政治
短縮 URL
0 23
でフォローする

米国中央軍のマックケンジー司令官は、米国が自国の兵を防衛する目的でイラクへ対空防衛、ミサイル防衛システムの配備を開始したことを明らかにした。

「我々はイラクへ対空防衛システム、ミサイル防衛システムを運搬する過程にある。これは特にイラン側からのさらなる潜在的な攻撃に備え、自国兵を守るためのものだ。」

米国とイランの関係はイランのソレイマニ司令官が米軍によりイラクで殺害され、地域情勢の緊張が激化した後、著しく悪化している。

関連記事

米国がイラクに地対空ミサイル「パトリオット」配備を希望=メディア

タグ
ミサイル, イラク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント