13:16 2020年06月05日
政治
短縮 URL
ベネズエラの政変 (100)
1114
でフォローする

米国は、今後実施される選挙と米国の制裁解除に伴い、国民議会の議員によるベネズエラでの暫定政府の設立を提案している。米国のマイク・ポンペオ国務長官が明らかにした。

ポンペオ国務長官によれば、暫定政権は、政府と野党が承認した国民議会の選ばれたメンバーによる国家評議会となるという。そして、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領と野党リーダーのフアン・グアイド氏が、国家評議会を移行期の唯一の執行権力と承認することとなる。

ポンペオ国務長官は、ベネズエラの大統領選挙と国民議会選挙が半年から1年内に実施されることの期待を表明した。 暫定政府の議長はこれらの選挙には立候補できないことになる。

ポンペオ国務長官は、特に同国からの外国治安部隊の撤退と公正な選挙の実施という条件が遵守された場合、米国の残りすべての制裁を解除すると約束した。

ベネズエラの政変

2019年1月23日深夜から翌24日にかけて、ベネズエラではクーデターが試みられた。 ベネズエラ野党の指導者、フアン・グアイド国会議長はカラカスの路上で何万人もの支持者を前に集会を行った。米国は、ニコラス・マドゥロ大統領に対する反対運動のリーダーとなった、つい最近までほとんど世界に知られていなかった35歳のグアイド国会議長を支持している。カラカスでの反体制派によるデモンストレーションは、1958年に独裁者のマルコス・ペレス・ヒメネスがその座を追われた日にあわせて行なわれた。

関連ニュース

トピック
ベネズエラの政変 (100)
タグ
米国, マイク・ポンペオ, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント