13:26 2020年06月05日
政治
短縮 URL
1220
でフォローする

イスラエル空軍は31日夜、レバノンからシリア領に対して空爆を加えた。シリア国営放送「SANA」が報じた。

報道によれば、イスラエル軍はシリア中心部のホムス県に空爆を加えた模様。

​シリア側は地対空ミサイルで対応したものの、複数の施設が破壊されたとみられる。破壊された施設の種類については報じられていない。

関連ニュース

タグ
空爆, イスラエル, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント