19:51 2020年05月29日
政治
短縮 URL
0 21
でフォローする

米国は週明けにも世界保健機関(WHO)の分担金に関する政府の対応を明らかにする。10日に開かれた記者会見でトランプ大統領が発言した。

先にトランプ大統領はWHOの新型コロナウイルス対策が不十分として批判し、WHOの分担金を凍結する可能性を指摘した。また、ポンペオ国務長官は同じく分担金の拠出額を見直す考えを示したほか、テドロス事務局長を罷免する可能性も示唆した。

10日の記者会見でもトランプ大統領はWHOの対応を批判し、「週明けにもWHOについてははっきりさせる」と発言した。トランプ大統領によれば、米国の分担金は年間5 億ドルに達しており、「言いたいことは山ほどある」とした。

新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。WHOは3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, 米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント