22:08 2020年09月18日
政治
短縮 URL
0 40
でフォローする

英国はEU離脱の移行期間の延長は予定していない。EU離脱に関するEU側の首席交渉官が記者会見で明らかにした。移行期間の延長が行われれば、英国が取引を終了しないで離脱することのないよう、交渉担当者らには時間が稼げることになる。

英国のEU離脱に関するEU側の首席交渉官ミシェル・バルニエ氏によれば、離脱交渉の最終ラウンドで英国政府は、移行期間のいかなる延長の提案も退けると強硬な姿勢を崩さなかった。

移行期間延長の決定は6月末にとられることになっている。

2020年12月31日、英国のEU離脱からの移行期間は終了する。移行期間の間は、英国はEUの決定プロセスに参加していなくても、決められた規則には従い続けねばならない。この期間のおかげで英国には従来のフォーマットでの貿易関係の維持も可能となっている。 

現在、英国とEUはコロナウイルスの感染拡大阻止と感染の処理に追われている。

アルジャジーラの報道によれば、ここ数週間、移行期間を延長し、交渉担当者らに多少の時間の余裕を与えるようとする圧力が高まっている。さもなければ英国はEUとの取引を結実させないまま2020年末に離脱することになり、英国、EUの双方の経済に大きな打撃を与えかねない。

2019年末、 英国議会はEU離脱を承認し、 2020年1月末、エリザベス女王は欧州連合(EU)からの英国の離脱条件に関する法案を承認した。

関連ニュース

タグ
英国, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント