04:14 2020年08月05日
政治
短縮 URL
0 23
でフォローする

EU(欧州連合)諸国はリビアに対し、同国西部で軍事行動が激化していることを受け、ラマダン期の休戦と今後の交渉を呼びかけている。アラビア語高級日刊紙「アッシャルクル・アウサト」が報じた。

ドイツ、フランス、イタリア3か国の外相、EUのジョゼップ・ボレル外務安全保障政策上級代表は4月25日、リビアの紛争当事者に対し、人道的休戦と交渉再開を呼びかけた。

3人の外相とEU上級代表は共同声明において、リビアに聖なるラマダン期の休戦を求め、さらに真の和平を目指した交渉を呼びかけた。

今月に入りリビア国内の紛争は勢いを増し、国連の停戦要請にもかかわらず、特に西部の軍事行動は激化の一途をたどっている。

1月にリビア紛争当事者は停戦合意を結ぶことができていた。ロシアのプーチン大統領はトルコのエルドアン大統領との会談において、紛争当事者はロシアとトルコの呼びかけを聞き入れ、全面的な軍事行動を停止したと発表していた。

4月18日、国連児童基金も、コロナウイルスが大流行する中、世界中の停戦と世界の子どもたちの保護を呼びかけた。

関連ニュース

タグ
欧州連合, 国連, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント