22:53 2020年06月05日
政治
短縮 URL
0 83
でフォローする

加藤勝信厚生労働相は19日、世界保健機関(WHO)の年次総会で演説し、新型コロナウイルス対策をめぐり「台湾のような公衆衛生上の成果をあげた地域を参考にすべきという指摘もある」と述べ、総会に招待されなかった台湾の名を挙げた。またWHOの対応や感染ルートに関する「公平、独立かつ包括的な検証」が必要だと指摘した。SankeiBizが伝えている。

WHO総会は18日-19日にビデオ会議方式で行われた。

加藤厚労相は「一人でも多くの命を救うためには、世界中のあらゆる情報、知見を総動員して対処することが重要」と述べ、台湾に言及。そのうえで「特定の地域が取り残されることによる地理的空白を生じさせないことが、各国と世界全体の感染拡大防止という目的にかなう」と強調した。

台湾はWHO総会へのオブザーバー参加を希望したが認められなかった。台湾当局は「WHOが中国政府の干渉と圧力に屈している」と不満を表明した。

これより前、WHOは台湾を第73回総会にオブザーバーとして招待する提案を退けた。台湾の招待をめぐってはベリーズ、パラオ、ホンジュラス、ナウルなど14カ国が議題に含めるよう提案していた。アメリカも台湾招待を積極的に支持していた。一方で中国外務省は、提案に強く反対する姿勢を表明していた。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント