20:43 2020年07月05日
政治
短縮 URL
161
でフォローする

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は日本の茂木敏充外相と電話会談を実施し、コロナウイルス対策、これから開始される日露交流年をはじめとする両国関係の問題を話し合った。

電話会談は日本側のイニシアチブで実施された。

ロシア外務省の発表では、会談ではコロナウイルス感染拡大対策をはじめとする日露協力の全般の問題が議題に上がっている。

パンデミック克服後、両国民間の善隣関係および多様な交流を深化させることを目的とした、日露の地域および姉妹都市交流年の大規模なプロジェクト実現を始動させることが決められた。

2019年6月、日露は地域間交流年の実施を決定し、プーチン大統領はこれを発表している。

関連ニュース

タグ
セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント