18:46 2020年07月08日
政治
短縮 URL
151
でフォローする

米国務省は11日、イラク駐留米軍の削減を続ける方針を明らかにした。時事通信が伝えた。

米国とイラクの共同声明によれば、国際テロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」掃討戦の進展を受け、米側は今後数カ月間でイラクにある部隊を削減するとともに、残る基地や部隊駐留のステータスについてイラク政府と討論を続ける。

今年1月、イラク政府は米軍を撤退させる用意を開始した。

4月、イラク国防省公式代表ヤーヤ・ラスール氏は、いくつかのイラク基地から米軍が撤退しても、イラク軍が状況を管理しているもとで、国内の安全に影響が生じることはないと表明していた。

関連ニュース

タグ
米国, 軍事, イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント