23:13 2020年08月13日
政治
短縮 URL
119
でフォローする

ドイツ連邦議会の軍に関する特別代表を務めるエヴァ・ヘーグル氏は、メディアグループFunkeのインタビューで、徴兵制復活は軍隊における右翼過激主義の問題解決に役立つとの見方を示した。

ヘーグル氏は、徴兵制廃止の決定は批判的に分析されるべきだと強調し、徴兵制が停止されている期間でさえ、志願兵の部隊と比較して、職業軍人の部隊では右翼過激主義の高まりが懸念されたからだと指摘した。

またヘーグル氏は、男性と女性の両方に兵役が義務付けられるべきかどうかという問題を議論する必要性も指摘した。

先に、ドイツ軍では右翼過激主義のケースが増えていると報じられた。

関連ニュース

タグ
軍事, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント