00:25 2020年08月14日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

米空軍宇宙軍団 は、ロシアが7月宇宙空間で衛星攻撃兵器の実験を行ったとして非難声明を表し、「証拠資料を有している」と公言した。

米空軍宇宙軍団の公式声明には「米空軍宇宙軍団は、ロシアが禁止されている衛星攻撃兵器の実験を実施した証拠を有している」と書かれている。

米国側が公開したデータによれば、7月15日、ロシアの人工衛星「コスモス-2543」からは米空軍宇宙軍団側のつけたコード「45915」から切り離されている。

米軍側は、「45915」は他のロシアの人工衛星の近くに配置されており、実験は偵察衛星のテストとは似ていないと主張している。

ロシア国防省は7月15日、まさに最新型の小型偵察衛星の実験を行ったことを明らかにしていた。

関連ニュース

タグ
軍事, 宇宙, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント