16:36 2020年08月11日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

トルコとウクライナが無人攻撃偵察機Bayraktar TB2の共同開発および製造開始について協議を行っている。ウクライナのマスコミが報じた。Bayraktar TB2は別名でロシアの対空ミサイル砲複合体「パーンツィリ」の「キラー」と呼ばれている。

ヤグムル・アフメト駐ウクライナ・トルコ大使は交渉について、必要な条件を満たした上で行われており、国防産業が両国の協力の新たなシンボルとなりうるとその可能性を指摘している。

2019年5月のミンスクでの兵器見本市では、ロシア製兵器の中でパーンツィリは外国の買い手の注目を最も惹きつけている。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, トルコ, ウクライナ, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント