14:25 2020年09月22日
政治
短縮 URL
0 53
でフォローする

ベラルーシの首都ミンスクでは8月9日に実施された大統領選挙の結果内容に抗議する活動が発生し、当局による取り締まりが続いている。デモ隊と警官隊の衝突激化を受けてポンペオ米国務長官は10日に声明を発表し、ベラルーシ政府が武力で抗議活動を制圧していると批判、平和な集会を求める市民の権利を尊重し、当局が拘束した市民を解放するよう要請している。

米国務省は10日、ポンペオ国務長官のコメントを公開した。コメントの中でポンペオ国務長官は「8月9日の大統領選実施方法に深い懸念を表明する」と記し、大統領選が「不自由、不公平」な形で実施されたと批判している。

加えてポンペオ国務長官はベラルーシ政府に対し、「平和な集会に参加を希望するベラルーシ国民の権利を守り、武力行使を控え、誤って拘束された市民をいずれも釈放」するよう要求した。

​また、ポンペオ国務長官はベラルーシ政府が国内のインターネット接続を妨害し、抗議活動の拡大を阻止していると指摘している。

ベラルーシ大統領選は8月9日に実施された。ベラルーシ中央選挙管理委員会の最新集計結果によれば、現職のアレクサンドル・ルカシェンコ氏が80.08パーセントの得票率で圧勝し、6期目となる再選を確実にした。

民主派として支持を集めていたスベトラーナ・チハノフスカヤ氏は10.09パーセントの得票率にとどまった。野党連合本部は選挙結果を承認していない。

チハノフスカヤ氏は得票率は70から80パーセントに達していると主張し、ベラルーシ中央選挙管理委員会を提訴した。

選挙結果を受けてベラルーシの主要都市では大規模な抗議活動が行われた。

​​抗議活動ではこれまで100人以上の市民が負傷し、一部は病院に搬送された。

​ベラルーシ内務省によれば、抗議活動の参加者1人が警察特殊部隊との衝突で死亡したという。

​また、逮捕者は3000人近くに達し、公務執行妨害で起訴される見通し。メディア関係者の拘束も相次いでいる。

逮捕された市民には最大で懲役15年の実刑判決が下される可能性がある。

タグ
大統領選挙, 抗議, ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント