07:42 2020年10月22日
政治
短縮 URL
0 82
でフォローする

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)は、両国関係の完全な正常化と、パレスチナとイスラエルの紛争で平和的解決を探求することで合意した。米国も参加した歴史的3カ国の声明がドナルド・トランプ大統領のツイッターに投稿された。各国は大使館の開設に関する合意にサインする予定。

声明では、「各国は、公正で包括的かつ確固としたイスラエルとパレスチナの紛争解決を達成するため、努力を続ける」と強調した。

​今後、数週間の内にUAEとイスラエルの代表団は、投資と観光、航空機の直行便、安全保障、通信などの分野での一連の合意に署名を行う。

イスラエルはUAEとの協定条件にもとづき、ヨルダン川西岸地域で自国主権を拡大する決定を一時的に延期する。

関連ニュース

タグ
パレスチナ, 米国, アラブ首長国連邦, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント