17:57 2020年09月29日
政治
短縮 URL
ベラルーシでの抗議デモ (46)
0 25
でフォローする

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、反対派が権力掌握のため調整会議の創設を決定したことを明らかにした。

同大統領は、「(反対派が)要求しているのは多かれ少なかれ、権力を彼らに移譲することだ。つまり、我々はこれを同意義と理解している。これはすべての結果を伴う権力掌握の試みである」と強調した。

この間、ベラルーシ大統領に立候補し、現在、リトアニアに滞在しているスベトラーナ・チハノフスカヤ氏が、対話に向けた用意を強調、権力の移行を保障する調整会議の創設のイニシアチブをとった。

また、ベラルーシの大統領で有力視されたヴィクトル・ババリカ氏はテレグラムチャンネルで、ベラルーシの反対派は、近い将来、調整会議の幹部会と議長を選出することを約束していると発表した。


8月9日、ベラルーシで大統領選挙が実施された中央選挙委員会の発表では、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領が得票率で80.1%を獲得し、次点のチハノフスカヤ氏は10.12%だった。反対派はこの結果を承認せず、また、チハノフスカヤ氏自身はリトアニアに出国した。

同国では2週間にわたり無許可の抗議行動が行われており、それらは治安当局によって弾圧を受けている。当初、選挙結果に不満を持つ人たちに対し、催涙ガスや放水、フラッシュバン、ゴム弾が使用された。その後、治安維持当局の隊員らは集会の解散を求めることを止めた。

内務省によれば、当初、抗議参加者は6~7000人が拘束され、数百人が負傷。その中には治安当局の120人が含まれる。また、抗議参加者3人が犠牲となっている。

トピック
ベラルーシでの抗議デモ (46)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント