16:28 2020年10月01日
政治
短縮 URL
0 44
でフォローする

中国人民解放軍で南シナ海を管轄する南部戦区のLi Huamin報道官は27日夜、米海軍のミサイル駆逐艦「マスティン」が南シナ海にある西沙諸島の領海に侵入したと非難する談話を発表した。同海域では中国が弾道ミサイルの発射実験を含む軍事演習を進めており、中国と米国の間で緊張が高まっている。グローバル・タイムズ紙が報じた。

南部戦区は空軍部隊と海軍部隊を派遣し、領海を侵犯した米艦を確認、および特定したほか、同海域を離れるよう警告した。

先に米国防総省は中国が南シナ海で弾道ミサイルの発射を伴う軍事演習を行い、地域に不安定化をもたらしているとして、懸念を示していた。

西沙諸島はベトナムの東約240キロメートル、中国海南島の南東約300キロメートルに位置し、中国とベトナムがいずれも領有権を主張している。

中国は南シナ海のほぼ全域、および同海域にある諸島について領有権を主張している。これに対し、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟するベトナム、フィリピン、マレーシアは南シナ海の一部に加え、いくつかの諸島について領有権を主張している。

関連ニュース

タグ
軍事, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント