07:45 2020年10月22日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

ギリシャとトルコの関係が悪化する中、アラブ首長国連邦(UAE)空軍の戦闘機を含む航空部隊がギリシャに到着し、合同軍事演習に加わる。ギリシャ軍参謀本部が発表した。

UAEの戦闘機は地中海クレタ島北西部にあるソウダ航空基地の第115航空部隊に合流した。

ギリシャ軍参謀本部によれば、この軍事演習は「両国の素晴らしい関係と協力体制の結果」を示すもので、ギリシャとUAEの両国は国防省、外務省のレベルで密接な連携を取り、合同軍事演習の実現にこぎつけたという。

ソウダ航空基地にはUAEからF-16戦闘機が4機合流したほか、C-130輸送機が1機、C-17輸送機が3機、エアバスが1機到着した。

今回の合同軍事演習では航空部隊の訓練に加え、陸・海・空の連携を確認する。これにより国際レベルで活動する部隊の戦闘態勢、戦闘能力、および連携力を向上させる。

ギリシャとUAEの合同軍事演習は、ギリシャとトルコの関係が緊張する中で発表された。

トルコ政府は23日に声明を発表し、ギリシャが排他的経済水域(EEZ)と主張する地中海東部での調査を8月27日まで延長することを明らかにした。

調査船「オルチ」はトルコ海軍の補助艦「アタマン」、「チンギス・ハン」による護衛のもと、地中海東部でガス田、油田の調査を行っている。当初、トルコ側は8月10日から23日の予定で調査するとしていたが、調査期間の延長に踏み切った。

これを受けてギリシャ側は24日に航行警報を発令し、25日から27日まで同海域で空軍、および海軍の軍事演習を行うことを発表した。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, トルコ, アラブ首長国連邦, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント