17:44 2020年10月01日
政治
短縮 URL
0 43
でフォローする

ロシア外務省は、「ノビチョク」系化学物質の製造に関わる北大西洋条約機構(NATO)の専門機構と西側諸国を非難した。この件に関して、アレクセイ・ナワリヌイ氏の健康状態に関する機関の公式コメントで指摘がされた。

ロシア外務省は、数年来、米国を含めた多くの西側諸国とNATOの専門機関の研究者らがこの系統の物質の研究に取り組んできたとし、これらの国々は軍事技術での「ノビチョク」の使用に150の特許を交付していると主張した。

この表明は、野党活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏の毒殺未遂に関連したロシア政府に対する批判の集中を背景に公表された。

この間、ドイツ政府の発表によれば、ナワリヌイ氏は「ノビチョク」クラスの物質で毒殺未遂が図られたと報じられた。この物質は、スクリパリ氏への使用に関する調査結果で広く知られるようになった

関連ニュース

タグ
NATO, ロシア, ロシア外務省
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント