12:40 2020年09月22日
政治
短縮 URL
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (20)
0 12
でフォローする

神経剤「ノビチョク」による中毒が原因とされる昏睡状態にあったアレクセイ・ナワリヌイ氏が意識を取り戻した。同氏の入院先のベルリンのチャリテ・クリニックが発表した。

同病院のプレスリリースによれば、ナワリヌイ氏の容態は改善しており、周囲の話しかけに反応しているものの、中毒によってこの先、長期的見てどういう影響が出るかは現段階では判断が難しい。

ナワリヌイ氏は8月20日、搭乗していた機内で容態が悪くなり、急きょ、オムスクの病院に搬送されていた。その後、再び飛行機でドイツに運ばれ、ベルリンのチャリテ・クリニックに入院している。

ドイツ政府の発表によれば、ナワリヌイ氏は「ノビチョク」クラスの物質で毒殺未遂が図られたと報じられた。この物質は、スクリパリ氏への使用に関する調査結果で広く知られるようになった

ドイツ政府のこの声明に対して、ロシア政府は、ノビチョク級の物質は多くの西側諸国も開発に取り組んできていると指摘している。

関連ニュース

トピック
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (20)
タグ
ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント