08:40 2020年09月26日
政治
短縮 URL
0 93
でフォローする

米国務省は10日、同国に安全保障上の脅威を与えているとして中国人1000人に発給していたビザを取り消したと発表した。

発表によると、8日時点では米国務省は、中国軍と関係があるとして大統領布告の対象となった中国からの学生や研究者1000人以上のビザを取り消した。

ドナルド・トランプ米大統領は5月29日、中国政府が香港に国家安全法を導入したことに対して、香港に対する貿易優遇措置の全面停止、引渡し協定の見直し、また中国人留学生や研究者などへの米国入国制限などの見直しについて発表した。

これより前、ポンペオ米国務長官は、米国における中国外交官の活動に制限を課すと発表していた。これを受けて、中国外務省の華春瑩報道官は、米国による中国外交官に対する新たな制限を「反中的躁病」だと指摘していた。

関連記事

タグ
米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント