08:51 2020年09月26日
政治
短縮 URL
0 66
でフォローする

中国国防省の呉謙報道官は記者会見で、米国防総省の議会への報告書「中国の軍事力・安全保障の進展に関する年次報告」についてコメントし、国際秩序に対する主な脅威の出所は米国だとの認識を示した。新華社通信が報じた。

呉報道官は「長年の経験は米国こそが地域秩序の混乱の張本人であり、国際秩序の違反者であり、世界平和の破壊者であることを示している」と述べた。

また呉氏は、過去20年間に米国はイラク、シリア、リビアで不法に戦争を開始したと言及し、米国のアグレッシブな行動で80万人以上が死亡、数千万人が難民となることを余儀なくされたと強調した。

呉氏は、中国の国防に客観的かつ合理的に対応し、虚偽の発表をやめるよう米国に求めた。また同氏は、二国間の軍事関係の健全な発展を支持した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント