11:51 2020年10月20日
政治
短縮 URL
0 42
でフォローする

米国のドナルド・トランプ大統領は、サイト「ウィキリークス」の設立者ジュリアン・アサンジ氏が、2016年に民主党のサーバーをハッキングしてメールテキストを入手した情報筋を明かすのなら、同氏の特赦を用意すると表明した。ロイター通信が同氏のジェニファー・ロビンソン弁護士を引用して報じた。

この間、すでにトランプ大統領は、ロシアが民主党のメール流出に関与していないと述べるなら、 アサンジ氏に特赦を与えると提案したことが報じられている。

2016年10月、米国大統領選挙の直前にサイト「ウィキリークス」は、民主党指名候補ヒラリー・クリントン陣営の選挙対策責任者であったジョン・ポデスタ氏のメールを公開した。通信では核エネルギー問題について、また、鉱物の採掘額からクリントン氏の基金へ寄付がされた問題などが言及されていた。これらの情報が広まったことと選挙に敗れたことでクリントン氏はロシアに嫌疑をかけた。


米国司法省は2019年5月、アサンジ氏に対し17件の罪状を起こした。同氏が米国に引き渡された場合、禁固175年が言い渡される可能性がある。

2012年、性的暴行容疑でスウェーデンへの移送が決定すると、それを回避するためアサンジ氏は在ロンドンエクアドル大使館に亡命を申請。同大使館に約7年籠城した。昨年4月に英国警察に逮捕された。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント