21:10 2020年10月20日
政治
短縮 URL
筆者 :
0 95
でフォローする

米中が地政学的対立の限度を見極めねば、最悪の場合、世界は第1次世界大戦前夜に似た状況に陥る。ブルームバーグが元米国務長官で多大な影響力を持つ政治専門家のヘンリー・キッシンジャー氏(97)の発言を引用し、報じた。


キッシンジャー氏は米ソの雪解けの政策シナリオを書いた人物のひとり。今まで幾度にもわたって米政権は絶対的なヘゲモニーを行使する政策を捨てるよう呼び掛けてきた。1973年にはベトナム戦争の和平交渉を終結させたことを評価され、ノーベル平和賞を授与されている。


キッシンジャー氏は、米中は緊張エスカレートのリスクを回避するために「プレーのルール」を取り決め、これを順守せねばならないと説明している。

「これは絶対にできないとあなた方はおっしゃる。だがこれが絶対無理であるならば、第1次大戦に似た状況に陥ることになる。」

キッシンジャー氏は米ソ雪解け時代に米国務長官を務めた経験から、米中が新たな「冷戦」を始めかねないことへの憂慮がますます増大していると語った。

キッシンジャー氏は、今の世界で米国に必要なのは新たな思考であり、「経済においても戦略分野でも1つの国がヘゲモニーを維持し続けるには世界はあまりに複雑」だと認識することだと指摘している。

関連記事

タグ
露米関係, ロシア, ソビエト連邦
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント