12:28 2020年10月20日
政治
短縮 URL
0 39
でフォローする

ドイツ空軍は、いつか悪夢のような核戦争が実際に勃発した場合に備えて準備しておく考え。ドイツ空軍は現在、北大西洋条約機構(NATO)のパートナーと合同で、核兵器を使用してNATO加盟国の領土を防衛するための演習を行っている。独紙ビルトが報じている。

ビルトによると、今週、「Steadfast Noon」と呼ばれる演習が秘密裏にスタートした。同演習では戦争の際に核兵器を搭載できる戦闘爆撃機を使用する訓練などが行われている。

今年の演習は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にあるネルフェニッヒ航空基地で行われている。軍事専門家らによると、定期的に10月に開催されている「Steadfast Noon」演習では、米国の核兵器を地下貯蔵所から航空機に安全に輸送し、戦闘機に搭載する訓練などが行われている。一方、訓練飛行は核兵器を搭載せずに行われている。 演習のシナリオに関する情報は今のところ入っていない。

ビルトによると、現時点において核戦争の脅威は過去30年間よりも高いと考えられている。その理由はまず、核弾頭を運搬できる地上発射型中距離ミサイルの廃棄を定める中距離核戦力(INF)全廃条約の失効だ。軍事専門家らは、新たな軍拡競争が始まるおそれがあるとの見方を示している。米国はすでに、INF条約下では禁止されたであろう新たな移動式の地上発射型中距離ミサイルシステムの開発に取り組んでいる。

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント