18:47 2020年10月20日
政治
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
0 22
でフォローする

トルコのチャブシオール外相は、アルメニアによるアゼルバイジャンの都市への砲撃は戦争犯罪であり、犯罪者は代償を払うことになると発表した。

チャブシオール外相はツイッターに「アルメニアは戦争犯罪を犯し続け、子どもを含む民間人を殺害している。この残酷な行為について沈黙することは、これらの殺害の共謀を意味する。人間性に欠けた者たちはこの犯罪の代償を払うことになる。われわれは常にアゼルバイジャンの側にいる」と投稿した。

​先にアゼルバイジャン当局は、同国のギャンジャとミンゲチェヴィルがロケット弾攻撃を受けたと発表した。がれきの下から13人の遺体が見つかり、52人が負傷したと報じられた。なお、アルメニア国防省のシュシャン・ステパニャン報道官は、アルメニア領土からの攻撃に関するアゼルバイジャンの情報を否定した。

ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?
© Sputnik
ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?

関連ニュース

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, アルメニア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント