14:33 2020年11月29日
政治
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (176)
0 25
でフォローする

ジョン・ラトクリフ米国家情報長官は「ロシアとイランが11月の米大統領選に影響を及ぼすための措置を講じた」と述べた。

ラトクリフ長官は、記者会見で「イランとロシアが米大統領選のプロセスを乱し、世論に影響を及ぼすことを目的とした具体的な措置を講じた」と発言した。

同氏によれば、イランは有権者情報にアクセスし、ドナルド・トランプ米大統領に反対してそれを利用した。

さらに、ラトクリフ長官は「ロシア側ではそのような行動は見られなかったが、ロシアも有権者にまつわる情報にアクセスできるようなった」と述べた。

ラトクリフ長官は「これはやけを起こしているライバルの必死の行動である」と見なしている。

米国の情報機関が「こうした脅威を無効にさせるために迅速に対応した」と、同長官は保証した。

ラトクリフ長官は、米国は外部による大統領選を干渉する試みを許さないと警告した。

米大統領選挙は11月3日に行われる。9月29日、米大統領候補者による第1回目のテレビ 討論会が行われ、トランプ大統領とバイデン氏は侮辱や乱暴な発言をして大勢の人の記憶に残った。

関連ニュース

トピック
2020年米国大統領選挙 (176)
タグ
イラン, ロシア, 大統領選挙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント