09:37 2020年11月25日
政治
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (170)
0 50
でフォローする

ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ロシアに関するあらゆることが、米国では「雄牛に向けられた赤い布」と受け止められることから、この間、選挙へのロシアの干渉について米国の声明がない点についてコメントするのを止めていると表明した。ロシアメディアが報じた。

同報道官は、米国は「自身の問題」を自分たちで整理する必要があり、ロシア政府は、一旦立ち止まり、事態が明白になるのを待つのが良いと考えていると強調した。

米国の大統領選挙前にプーチン大統領は、来るべき選挙について言及すべきではないと述べていた。同大統領は、何か言おうものなら、米国の選挙プロセスへロシアが干渉した証拠として「都合よく利用されてしまう」と述べた。


米国では3日、大統領選が行われた。この投票で米市民は大統領と副大統領、上院議員35人、全下院議員、知事13人を選出する。現職のドナルド・トランプ大統領(共和党候補)と、バラク・オバマ前大統領の前副大統領のジョー・バイデン氏(民主党大統領候補)が当選を目指し勝利を競い合っている。

米大統領選の集計作業はまだ終了していない。報道によると、民主党の大統領候補ジョー・バイデン氏がリードしている。

トピック
2020年米国大統領選挙 (170)
タグ
大統領選挙, 米国, ロシア, ドミトリー・ペスコフ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント