00:00 2020年12月01日
政治
短縮 URL
0 23
でフォローする

チェコの諜報機関が、世界は新たな世界大戦に直面しているという内容のレポートを発表した。同機関のレポート「2019年版」は、10日にウェブサイトで公開された。

その報告書によると、世界は今、新たな世界大戦の「第一段階」にあるという。

報告書では、「世界的な対立に積極的に関わる人たちの世界観が形成されつつあり、それを管理できる技術的なツールは徐々に定義されつつある」と指摘されている。

さらに報告書の筆者は、世界的な対立の原因として米露中の対立を挙げている。

著者は、国際法の重要性が低下している点を指摘。顕在化した矛盾を解決する手段としての平和的な対話が存在せず、世界秩序の確実性に対する疑念が出現していると分析している。著者はさらに、国民への意識操作が世界的な対立につながる緊張感の増大に寄与していると指摘している。

関連記事

タグ
露米関係, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント