00:10 2020年12月01日
政治
短縮 URL
0 40
でフォローする

クリストファー・ミラー国防長官代行は、17日のブリーフィングでアフガニスタンとイラクの駐留米軍をそれぞれ約2500人削減すると発表した。

同国防長官代行によると、この決定は「トランプ大統領の命令と米軍の再編計画」に基づいて行われたという。

アフガニスタンに現在駐留する米軍は4万5000人、イラクには3000人。

多くのメディアは以前、米国防総省は、ジョー・バイデン氏が大統領に就任する2021年1月20日の就任式より前に、これらの国々から米軍を撤退させるのを早めるように指示されていると報じていた。英タイムズ紙は情報筋を引用して、トランプ氏は離任前にアフガニスタンとイラクから米軍4500人を撤退させる構えだと報じている。

米メディアは、大統領選で勝利したのは民主党のバイデン氏と報じているが、正式な当選者の名前はまだ発表されていない。バイデン氏自身はすでに勝利を宣言している。一方、トランプ氏はこの選挙は終了からほど遠いとの声明を発表し、法廷で勝利を争う姿勢を示している。

マイク・ポンペオ米国務長官は、米国は2021年5月までにアフガニスタンから駐留米軍を完全撤退させる計画だと述べている。

関連ニュース

タグ
米国防総省・ペンタゴン, 米国, アメリカ軍, イラク, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント