16:15 2021年01月20日
政治
短縮 URL
0 24
でフォローする

中国政府は、米国政府曰く軍と関係ある中国企業に対し、米国政府が米国製品の購入制限を設けるという意向を非難した。

在米中国大使館は23日にツイッターで、中国外務省の声明を引用し「中国は断固として米国による根拠のない中国企業排除を強く拒否する。米国の行動は、市場競争原理と国際貿易規則を大きく違反するものであり、自国の国益とイメージを損ねるのは避けられない」と伝えた。

23日に、トランプ政権は航空宇宙産業を含む中国企業89社が軍関連であり、米国製品・技術の購入制限の対象として発表する用意があるとのロイター通信の報道に対し、中国大使館がコメントした形となった。

米中の政治対立は2018年に始まったが、そのきっかけとなったのが追加関税だった。2018年7月6日、互いに追加関税を課す措置を発動し、米中貿易戦争が始まった。米国は年340億ドル相当の中国製品818品目を対象に25%の追加関税をかけ、中国も同日、同規模の報復措置を実施した。

また米国は8月、160億ドル相当の中国製品に25%の関税を課し、中国もただちに同等の措置を講じた。

米中に関係改善のチャンスはあるか?

ロシアの政治学者で、国立グローバルセキュリティ研究所のアナトリー・スミルノフ所長は次のように語る:「中国には米国との関係を新たな形で修復させるメカニズムを見つけるための強大な潜在力があります。しかし、世界の核問題、政治および経済分野における対立、国内の政治情勢を含め、今後の米国政府の行動に深刻な影響を与えるいくつかの要素があります。」

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント