18:01 2021年09月25日
政治
短縮 URL
0 40
でフォローする

日中韓3か国は年内の首脳会談開催を見送ることが明らかになった。同会談は3か国が持ち回りで開き、今回の議長国となる韓国は年内開催を日中に呼びかけてきたが、韓国側から具体的な日程や議題の提示はなかった。日経新聞が報じている。

日本の菅首相は年内の海外訪問はすべて見送る方向となる。9月の就任以来、10月のベトナムおよびインドネシアのみの渡航で年内の日程を終える。

通常11月から12月は外交日程が集中する。安倍前首相は昨年11月にタイでのASEAN(東南アジア諸国連合)首脳会議に出席し、12月下旬には日中韓首脳会談のため中国を訪問した。

今年は新型コロナウイルスの影響でAPEC(アジア太平洋経済協力会議)やG20首脳会議などの国際会議がすべてオンライン開催となった。さらに11月以降、コロナウイルスが再拡大していることを背景に国内の感染症対策を優先する。

韓国のムンジェイン(文在寅)大統領は年内に日中韓首脳会談を開くことで日本との関係改善をアピールし、周辺外交の行き詰まりを打開する意図があった。一方で元徴用工問題をめぐり、日本はこのタイミングでの開催に難色を示してきた。

関連ニュース

タグ
日中関係, 日韓関係, 中国, 日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント