03:33 2021年01月26日
政治
短縮 URL
0 152
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は大型記者会見で、米国大統領選挙にロシアのハッカーは干渉しなかったと指摘し、そのような非難は米国人自身がトランプ米大統領の正当性を認めないための口実だと述べた。

プーチン氏は、米国ではロシアの干渉に関する主張が国内の政治的理由で行われているとし、二国間関係は「米国の国内政策の人質」となったと述べた。

プーチン大統領は、次期大統領に選出されたバイデン氏は経験豊富な政治家として状況を判断し、バイデン氏の任期中に二国間関係に生じた問題の一部が解決されることに期待を表した。


関連ニュース

米大統領選介入 プーチン大統領、米ハッカーの可能性を指摘

タグ
大統領選挙, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント