09:10 2021年01月28日
政治
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国のドナルド・トランプ大統領は22日、ロシアによる大統領選介入疑惑をめぐる捜査で有罪となったジョージ・パパドプロス元陣営幹部や元下院議員などを含む15人に恩赦を与えた。ホワイトハウスの広報が伝えた。

パパドプロス氏は、2016年米大統領選へのロシアによる介入疑惑をめぐるロバート・モラー元特別検察官の捜査で、虚偽の供述をしたとして、有罪判決を受けた。

トランプ大統領は今回の恩赦について、モラー元検察官のチームが非常に多くの人に対して犯した誤りを是正する助けになると述べた。

また、モラー特別検察官の捜査で有罪判決を受けたデンマークのアレックス・ファン・デア・ズワン氏、2019年に選挙資金流用で有罪となったダンカン・ハンター元下院議員(カリフォルニア州選出)、証券詐欺を企てた罪で有罪を認めたクリス・コリン元下院議員(ニューヨーク州選出)にも恩赦が与えられた。


ロシアの大統領選介入を巡り、トランプ氏は、2016年米大統領選挙にロシアが介入したという米情報機関の結論に同意しているが、介入が選挙結果に影響することはなかったと確信していると語っていた。

関連ニュース

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント