09:57 2021年01月24日
政治
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (63)
0 41
でフォローする

プーチン大統領はアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、アルメニアのニコル・パシニャン首相との3者会談を開催し、冒頭、ナゴルノ・カラバフの休戦合意は一貫して実現されており、これが公正を土台とする紛争解決のための前提条件を生み出していると語った。

プーチン大統領は、ナゴルノ・カラバフの状況は平穏で、ロシアの平和維持活動隊が

休戦合意の遵守状況を管理し、交通の安全を確保していると語っている。プーチン大統領によれば、休戦後、すでに4万8000人を超える市民がカラバフに戻っており、捕虜や遺体の交換が行われている。


紛争の停止

ロシア、アゼルバイジャンの両大統領およびアルメニアの首相は11月9日、共同声明を採択。これにより、2020年11月10日よりナゴルノ・カラバフは休戦体制に入った。アゼルバイジャン軍部隊は配置された状態を維持し、当地にはロシアの平和維持隊が投入されることが約された。

関連記事

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (63)
タグ
アゼルバイジャン, アルメニア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント