12:50 2021年03月05日
政治
短縮 URL
0 06
でフォローする

グアテマラで17日、隣国ホンジュラスからの移民と現地の治安部隊との衝突が発生した。ここ数年間の移民キャラバンは、米国に向かっている。米国のジョー・バイデン新大統領は、ドナルド・トランプ現大統領の厳しい移民政策を緩和させることを約束しており、数日後にはバイデン氏が大統領に就任する。

先週末、推定7000~9000人の移民がホンジュラスとグアテマラの国境を越えた。グアテマラ当局はホンジュラスに対し、「市民の国外流出を止める」ように求め、自国の領土を横断する「不法な集団移動」を阻止することを誓っている。

米国に向かう中米の移民グループは、グアテマラで治安部隊により道を塞がれ、警棒と催涙ガスで迎えられることになった。

グアテマラでは17日、ホンジュラスとの国境付近の道路で数千人の移民が捕らえられた。移民のキャラバンは、ほとんどがホンジュラスから来ており、貧困と暴力を逃れてここ数日間でグアテマラに到着している。移民は今後、メキシコに行き、米国の国境を目指しているという。

毎年、何万人もの中米の移民が米国への入国を目指して危険な旅を行っている。移民はキャラバンとして知られ、グループに分かれ、徒歩で移動している。


バイデン氏に期待して?

民主党のジョー・バイデン次期米大統領は、共和党のドナルド・トランプ大統領の厳しい移民政策を終わらせると約束した。

しかしもうすぐ発足するバイデン政権は、移民にはまだ移動をしないようにと警告している。

名前が明らかになっていないバイデン政権の高官は、米国で亡命を申請しようとしている移民について、「すぐに米国に来ることができないことを理解する必要がある」と米NBCに答えている。

その高官によると、バイデン政権は現在米国に向かっている移民よりもすでに米国に住んでいて証明書類を持っていない移民を優先するという。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント