21:39 2021年03月03日
政治
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ジョー・バイデン次期大統領の政権移行チームは新政権の樹立後もジョン・サリバン駐露大使に一時的な留任を要請した。匿名の消息筋による証言をもとにブルームバーグが報じた。

ブルームバーグによると、駐露大使のポストは「空席とするにはあまりにも重要である」ことから、バイデン次期大統領は新たな候補者が確定するまでサリバン大使に留任を要請したという。

米国では政権が変わった際に大使も新たに任命されることが多い。米国政府が各国に任命している大使の多くは政権交代を前に離任する用意を進めているとのこと。

サリバン氏は2020年初頭、ジョン・ハンツマン元駐露大使の後任として着任した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント