07:22 2021年06月25日
政治
短縮 URL
0 24
でフォローする

米国のジョー・バイデン大統領はエマニュエル・マクロン仏大統領と電話会談を行い、北大西洋条約機構(NATO)を通じた協力や、地球温暖化、景気回復、外交政策といった問題については協議した。ホワイトハウスが伝えている。

バイデン大統領は「両国の関係を強化することを表明する」ため、会談を行ったとされている。

ホワイトハウスのウェブサイト上では、このような声明が表されている

バイデン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)や米国と欧州連合(EU)における協力を通じて関係の強化に取り組む考えを強調した。両首脳は、地球温暖化や新型コロナウイルス、世界経済の回復などの共通の課題に取り組む際、多国間組織を通じて緊密に連携していくことで合意した。

さらに、両首脳は中国や中東、ロシアなどとの優先的な外交課題でも連携していくことで一致した。

仏大統領官邸は、バイデン大統領とマクロン大統領との初の電話会談であることを強調した。両首脳はまた、新型コロナウイルスの感染拡大に対してリスクの高い国々を支援するために、WHOを通じて行動することに合意した。さらに、両首脳は「中東の平和と安定のために措置をとる」という共通の展望を強調した。

第46代の米国新大統領ジョー・バイデン氏は、20日に行われた就任式で「一生懸命」に統一に努めることを表明し、すべての米国民にこのことを呼びかけた。バイデン新大統領は、米国は同盟を再構築し、再び世界と結びつくことになると表明した。

関連ニュース

 

タグ
エマニュエル・マクロン, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント