00:16 2021年06月25日
政治
短縮 URL
0 11
でフォローする

韓国の康京和外相と米国のアントニー・ブリンケン国務長官は27日に電話会談を行い、北朝鮮の非核化は焦眉の課題であり、その解決に向けて緊密に協力する必要があるとの認識で一致した。電話会談は約30分間行われた。韓国外交部が発表した。

韓国外交部は「両外相は、北朝鮮の核問題はバイデン政権でも早急に取り組む必要のある課題だという認識を共有し、その解決のために緊密な協議を行うことで合意した。両氏はまた、気候変動やコロナウイルスのパンデミックなどの世界的課題の解決における協力を通じて、韓米同盟の範囲を拡大することで合意した」と発表した。

韓国の聯合ニュースによると、ブリンケン氏は、同氏の指名承認に関する米上院での公聴会で、米国は北朝鮮に対する「すべてのアプローチと政策」を見直し、韓国やその他の同盟国と緊密な協議をして戦略を策定すると述べた。

関連ニュース

タグ
韓国, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント