21:09 2021年03月03日
政治
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、新戦略兵器削減条約(新START )の批准に関する法律に署名した。同法は、公布の日から施行する。ロシア大統領府広報室が発表した。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とジョー・バイデン米大統領は26日に電話会談を行い、両者はSTART条約を延長するために緊急に作業を行うように指示を出した。プーチン大統領は同日、条約の批准に関する法案を下院に提出。その法案では、同条約は5年後の2026年2月まで延長することを想定している。

ロシアの国家院(下院)は27日の本会議で、START条約を5年間延長する合意を批准した。


START条約は、ロシアと米国の間で唯一発効している軍縮条約だが、2021年2月5日に失効する。もし延長されなければ、主要な核保有国の核兵器を制限する協定は世界からなくなることになる。

タグ
軍事, 米国, 露米関係, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント