09:38 2021年02月28日
政治
短縮 URL
0 411
でフォローする

ジョー・バイデン氏は先の大統領選に向けたキャンペーン中にツイッター社の社員や親族から多額の献金を受け取り、その額はトランプ氏が受け取った額の64倍に達したことが分かった。FOXニュースが報じた。

2020年7月にバイデン氏はツイッターのフォロワーに対し、大統領選に向けた活動資金面の支援を呼び掛けていた。FOXニュースの情報によると、バイデン氏はツイッター社の職員らから合わせて19万3443ドルを受け取った。一方、トランプ氏が受け取った額はわずか3023ドルだった。

NPO「オープン・シークレッツ」のデータによると、バイデン氏の陣営に献金を行った企業として高額順にブルームバーグ通信が首位、次いでリベラルな企業として知られるフューチャー・フォワードUSA、企業用のウェブアプリを開発するアサナ社と続いている。

関連ニュース

タグ
ツイッター, ドナルド・トランプ, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント