18:24 2021年03月08日
政治
短縮 URL
0 17
でフォローする

米国政府は、第5世代の高速通信規格「5G」や半導体の開発及び供給で英語圏5ヶ国や日本が協力する基金「多国間通信セキュリティー基金」を設立する。日本経済新聞が報じた。

日経新聞によると、同基金は1月に成立した2021会計年度の「国防権限法」に盛り込まれた

7月を目指して設立され、「ファイブ・アイズ」と呼ばれる米国、英国、カナダ、オーストラリア、 ニュージーランドの英語圏5ヶ国の他に日本が参加することが想定されている。信頼できる同盟国と安全性の高い通信機器の開発や供給網の構築で協力し、世界で競争力を高める中国企業に対抗するという。

関連ニュース

タグ
中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント