22:11 2021年08月04日
政治
短縮 URL
0 42
でフォローする

米国のバイデン大統領は10日、中国の習近平国家主席と電話会談を行った。ホワイトハウスが明らかにした。

発表によると、バイデン氏は中国の不公正な商慣行や香港の統制強化、または新疆ウイグル自治区における人権侵害などについて懸念を表明した。

先日、米国務省は中国による隣国への脅迫行為に懸念を表明した。国務省は中国の脅威にさらされている隣国にインドも指定した。

北京の通行人
© AP Photo / Mark Schiefelbein
これより前、バイデン氏は今後の米中関係が「激しい競争になる」と強調した。

1月末、中国の分析センター「大河」のチェン・フェン上級研究員は、米政権の対中政策についてコメントしていた。バイデン新大統領の政権下で、米国の対中姿勢はある程度良好なものにはなるが、米政府が中国への戦略的圧力を弱めることはなく、中国を抑止するための基本路線は変更されないだろうとの見方を明らかにしていた。

関連記事

タグ
中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント