15:36 2021年06月16日
政治
短縮 URL
0 122
でフォローする

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、欧州連合(EU)諸国にとってウクライナ政権は常にロシアを不快にさせるために必要で、反ロシア的な政策を練る上での口実として利用しているに過ぎないと述べた。

ラブロフ外相はRBKテレビからのインタビューに答えた中で、ウクライナ政権について次のようにコメントした。

EUがウクライナを必要とする目的は明白である。ロシアを不快にさせ、反ロシア的な政策を練るための新たな口実に利用しているに過ぎない。彼らは我々の周辺国を、ありとあらゆる方法で弱体化しようとしている。ベラルーシ、中央アジア、そして南コーカサスだ。プーチン大統領がアルメニアとアゼルバイジャンを和解させるというミッションを成功させると、今度はEU諸国が慌てだした。これら二カ国がロシアの影響下に入ってしまっては大変だと言わんばかりに。そしてこの地域に入り込み、自らの活動を活発化しようとしている。

さらにラブロフ外相は、EUにおけるロシアのパートナー諸国について、「相手がロシアであれ、中国であれ、対等な対話を望まず、その用意もなく、それをする能力もない」と強調した。

関連ニュース

タグ
ウクライナ, セルゲイ・ラブロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント