19:43 2021年04月23日
政治
短縮 URL
0 35
でフォローする

韓国の文大統領は「三・一独立運動」の102周年記念式典で「東京オリンピックは、韓国と日本、南北朝鮮、そして北朝鮮と日本の対話にとってチャンスとなる可能性がある」と述べた。文氏の演説はユーチューブで配信された。

「三・一運動」は、1910年から1945年の朝鮮半島における日本の植民地時代の朝鮮独立を求める最も初期の運動の1つだった。「三・一運動」は、運動の指導者たちが独立宣言を発表した日にちなんで名付けられた。指導者らはその後逮捕され、国内で大規模なデモが行われた。複数の情報によると、約4万7000人が拘束され、約900人が死亡した。3月1日は韓国で国家の祝日として祝われている。

文氏は「三・一独立運動」の記念式典で、日本との関係改善も呼びかけた。同氏は、日韓関係の歴史には不幸かつ劇的な瞬間がたくさんあり、この歴史を忘れることはできないが、今や両国は互いにとって重要なパートナーとなっていると指摘した。
 文氏は「加害者は忘れることができても、被害者は忘れることはできない。一方、100年が経過し、われわれは今、経済、文化、人的交流を含むあらゆる分野において互いにとって重要な隣国である(中略)われわれは日韓協力と未来の発展のために今後も力を注ぐ。両国の協力は、双方の国に利益をもたらし、北東アジアの安定と繁栄に貢献し、日米韓の協力にも役立つ」と述べた。

北朝鮮と韓国の関係は、米朝首脳会談が失敗し、非核化プロセスが中断された後、袋小路に陥った。2020年夏、韓国の活動家らが北朝鮮を批判するビラなどを北朝鮮に向けて飛ばしたため、南北関係は悪化した。南北間の軍事ホットラインや、両国の首脳間のホットラインが遮断された。北朝鮮は、開城にある南北共同連絡事務所も爆破した。

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント