23:58 2021年04月23日
政治
短縮 URL
0 211
でフォローする

米国はロシア当局のシステムへサイバー攻撃を3週間実施することを計画している。この攻撃は数回におよぶとされる。情報筋を引用しニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

報道によれば、近い将来、3週間にわたり米国は「内密の攻撃」を行なう予定。この件は、国際社会には知られていないが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめインテリジェンスや軍はすでに把握をしているという。

サイバー攻撃のほか、米国はロシア政府が関与したとするハッキングへの報復として当局への経済制裁の導入を計画している。

また、米国のジョー・バイデン大統領は、サイバー攻撃に対する政府システムの防御強化を命じる書簡に署名を行う予定だとされる。

2日、米国はロシアの野党活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏に関連した状況からロシアに対し広範な制裁を課すとし、同国に対しさらに3つの分野で制裁を実施すると発表した。

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント