08:12 2021年04月22日
政治
短縮 URL
0 84
でフォローする

中国人民解放軍東部戦区は、米国のミサイル駆逐艦「ジョン・フィン」の行動は台湾海峡の状況を不安定化し、地域の平和と安定を損なっているとし、中国は断固抗議するとの声明を発表した。米海軍は、ミサイル駆逐艦「ジョン・フィン」が10日、国際法に基づいて定期的な台湾海峡の通過を実施したと発表していた。

中国人民解放軍東部戦区の声明では「米国のミサイル駆逐艦ジョン・フィンが3月10日、台湾海峡を通過した。米国船の行動は誤ったシグナルを送り、故意に障害を起こし、地域の状況を不安定化し、台湾海峡の平和と安定を損なっている」と述べられている。

航行中は中国人民解放軍東部戦区が追跡し、あらゆる脅威や挑発に対応する準備を整えていたという。

中国の王毅外相は米国の新政権に対し、台湾問題の敏感さを十分に認識し、共同コミュニケの規定を順守し、「火遊び」をしていた前政権のやり方を止めるよう強く求めた。

米国は1979年1月1日に中国との外交関係を樹立、米国は台湾との公式な関係を断絶した。それ以来、米国は「一つの中国」政策の枠の中で台湾を承認していないが、台湾とは緊密な関係を維持している。

タグ
台湾
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント